筋トレをすることによるダイエット

ダイエットと筋トレ
筋トレは、ダイエットしたい人にとって効果的な行動です。ダイエットをしようと考える人は、脂肪が蓄積して体がブヨブヨに太ってしまった人でしょう。

体が太るのは、消費するエネルギーよりも蓄積するエネルギーが超過している状態が継続するからです。

消費するエネルギーは代謝と言われており、食事によって自分の代謝を超えるエネルギーを蓄積すると、肥満へと繋がっていくのです。代謝は人によって量が異なりますが、年齢を重ねると、その量は小さくなっていくのが原則です。

食事を制限して痩せようと思っても、年齢を重ねると痩せにくくなるのは、代謝が下がるからなのです。

代謝が上がれば、消費するエネルギー量が増えるため、ダイエットに繋がります。代謝を上げるためには、筋力をつけることが効果的です。それは、筋肉が体の中でも多くのエネルギーを必要とする部位だからです。

つまり、筋トレによって筋肉をつければ、自分の代謝を上げることができるのです。代謝は生きているだけで消費されていくエネルギー量であるため、筋肉が多くなれば何もしなくても勝手にエネルギー消費が進むのです。

筋トレは効率的に行うのが良いです。筋肉をつけるためには筋肥大をさせることが必要です。

筋肥大は、3~4日の休養日を入れながら筋トレをするのが効果的です。毎日連続して筋トレを行っても、筋肥大は望めません。

闇雲に筋トレをするのではなく、しっかりと休養日を入れてトレーニングすれば、筋肥大により筋力がアップし、代謝を上げることができるのです。

【代謝UP効果大】金剛筋シャツは効果あるのか?